INDEX    RSS    ADMIN

『オペラ座の怪人』vs『ファントム』

ミュージカル『オペラ座の怪人』と『ファントム』、
どちらもフランスの作家ガストン・ルルーの原作を舞台化したものです。

世界中で愛されている不朽の名作です。

『オペラ座の怪人』は映画で初めてちゃんと知りました。
舞台の作曲を手掛けた、アンドリュー・ロイド=ウェバーが
自ら脚本・作曲・プロデュースを手掛けたのが映画版とあり、
素晴らしい音楽と感動と衝撃で、続けて足を運ぶほど、大好きになりました。
劇団四季も観ました。あの音楽や歌は、繰り返し聞いています。
初めに観たのが映画だったので、映画の方が好きかな・・・・という印象でした。

150111_20110831211045.jpg 200-150DSCF1249_20110831211045.jpg

暑かった夏の終わり、宝塚歌劇の花組『ファントム』を観てきました。
原作は同じだけど、描く方向が違うらしい・・・。フムフム。

『オペラ座の・・・』が好きなので、つい比較してしまいます。
ストーリーも曲も違っており、戸惑いつつ観ていました。
ところが後半になり、ぐっと盛り上がると、まさかの展開に号泣。
え~、こういうことなのね。本当に何も知らなかった私。
ネタバレをしないでいてくれた友人に感謝m(_ _)m。
『ファントム』、素晴らしい舞台でした。
宝塚ならではの演出も見どころでした。

別のお話であり、作曲家が違うから、もちろん曲も歌も違います。
どちらがいいか、なんて比べるものではありませんでした。

満足です。


生のお芝居や歌はいいですね。ミュージカル大好きです。
そのライブ感は、最高に贅沢な時間。
“自分へのご褒美”と題して、いざ、心の洗濯をしに出かけるのです!!

ご褒美だらけ にならないように、気をつけなくては・・・・。(笑)
関連記事

コメント

非公開コメント

サラ・ブライトマンのCDよく聴いてました

私も演劇は敷居が高いとうか贅沢だと思ってきました。(←あくまで自分の中でのこと)
やはり生身の人間が目の前でパフォーマンスしてくれるあの感動は他では味わえないですね。
オペラ座は生徒さんと行って良かったので夫の父を連れて行きました。
宝塚は生は行ったことありません。隣のシャンテでは変身しましたけどね。(笑)
機会があったら観てみたいです♪はまりそうです。

私は劇団四季版でオペラ座の怪人を観ました。

初演の時だったのでかれこれ24,5年前くらいですね。
市村正親さん、山口祐一郎さん、どちらのファントムもカッコよかったですv-238
シャンデリアの迫力と、蝋燭の河を船が行くシーンは凄かったですね。
四季劇場ができる前で、日生劇場で観ました。
四季の会に入ってる友人に誘われて劇団四季を観に行くようになり、OL時代はほぼ毎月行ってた気がします。生活費は2の次で(^^;

チケット代も安くはないので、結婚してからは年に1回あるかないかくらいになりましたが、それでも行くと楽しい時間を過ごしてきます。
今年になってからははまだ観に行ってませんけど。

映画版も映画館で観ました。モノクロの現代から一気にカラーになり、過去にさかのぼるシーンは映画ならではの表現だと思いました。
あの頃のJバトラーは華奢でしたね(笑)
映画版では舞台版では表現しきれなかったファントムの過去やラストシーンが細かく表現されており、それはそれで新鮮でした。
四季の人が吹き替えで放送されたのも録画しました。

テレビで放送される宝塚公演は時々観てます。
同じファントムでもかなり内容が違うようですね。
宝塚公演は2回観に行ったことがありますが(宝塚と東京)、四季とは違う独特の雰囲気があるように思いました。

Re: サラ・ブライトマンのCDよく聴いてました

>kazumiさん

生でみられるものは、やはり贅沢です。
空間も、時間も、そこにいるお客様のために、提供されるのですから。
一期一会みたいなものもあるのかなあ、と思います。
ミュージカル、お芝居、ライブ、どれもいいですね❤

宝塚、機会があったら是非。
一度ではまる人と、ダメな人。じりじりゆっくり好きになるタイプが
あるみたいです。私は最後のタイプかな?(笑)
でも、ショーは、これぞ!という感じで、
初めての時から、お目目にお星さまで、とても楽しむことができました~。

シャンテでは、噂の場所、じ~~~っと覗いてきました。 (^^♪


Re:

>>よしりんさん

ずっと、四季の『オペラ座の・・・』を見守っていらっしゃるんですね。
私は四季の『オペラ座の・・・』をいさんで観に行った時、
座席が前列だったものの、縁の方だったので、シャンデリアのシーンも
「え?ファントムはどこ?」という感じで、よく見えなくて
がっくりした記憶があります。座席は大事ですね p(^-^)q  

初めて触れたのが映画でしたので、
シャンデリアの迫力と、蝋燭の河を船が行くシーン、あの舞台設定を
どうやって表現するのだろうと思い、感心しました。

また秋から始まりますね。
できたら、今度は正面の席で観に行けたらいいなあと思います。

宝塚の『ファントム』は、全く別のお話です。
独特の魅力も相まって、別のお楽しみもありますね。
とっても詳しい友人がいて、楽しいんですよ❤

お久ぶりですv-34すっかり寒くなりましたねぇ・・・
ファントム観に行かれたんですね。我が家は、主人が観に行って一人感動して泣いちゃったそうです。今秋、私は城田優くんの「ロミオ&ジュリエット」小栗旬くんの「髑髏城の七人」でv-10メロメロかまぼこ目v-10になってしまいましたv-10
宝塚やミュージカル話もしたいですねぇ(*^_^*)
また時間の余裕ができましたら我が家の壁に飾れる作品を作りに伺いますv-22

Re:

>Yumiko.Kさん
ご無沙汰しています。
ご主人様は宝塚ファンなのですか?
あのシーンは父親の方がぐっと来るのかもしれませんね。
Yumiko.Kさんの、メロメロかまぼこ目を想像して、吹き出しました。(笑)
舞台の楽しいお話、伺いたいで~すヾ(^ロ^)/゛
ああ、私も観に行きたいな・・・!
お話したいですね (^^♪ また、ゆっくりいらしてくださいね。