INDEX    RSS    ADMIN

pivoine(ピヴォワンヌ)

“pivoine(ピヴォワンヌ)”。
フランス語で“芍薬”をそう呼ぶのだと、知りました。

実際にどんな発音かわかりませんが、
なんとも甘美な響きでしょう?

「立てば芍薬・座れば牡丹・ 歩く姿は百合の花」
美しい日本女性を形容するのにつかわれる芍薬。
イメージにぴったりの響きだと思いませんか?

250 2

シャドーボックス『pivoine(ピヴォワンヌ)』です。

つい先日完成した、芍薬のシャドーボックス作品です。お気に入りです。
今日、お世話になっているブライダルサロンにお嫁に行きました。

250 3

幸せを待つ花嫁のメイクサロンの壁に飾るシャドーボックスを、
イメージして作りました。

主役は花嫁さん。
その幸せを見守る壁飾りには、
幾重にも重なる芍薬の花の稟とした美しさと、
アンティークな重厚さの雰囲気が出せたらといいなと、思いました。
ちょっと豪華にマットもおめかし。

背景のぼかしも色を出しました。
光のさす雰囲気が出たでしょうか?


お届けにホッとして、写真を撮らせて戴くのを忘れてしまいました。
機会があったら、サロンでの“pivoine(ピヴォワンヌ)”も、
ご紹介したいと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント

背景もベストマッチですね!

私もこの絵大好きです。英語だとピオニーでしたっけ?
品があって優しくてこんな女性に私はなりたい。
みたいな・・・(笑)この作品は花嫁さんの幸せを見守ってくれるのですね。ぴったり!

感動~

素敵です。

なぜだろう・・・胸が熱くなりましたv-238

観る人を幸せな気もちにしてくれると思います。

こんな素敵な作品を作るMayさんにお会いできるのが楽しみです。

Re: 背景もベストマッチですね!

>kazumiさん
ありがとうございます。
花嫁さんの幸せを見守るシャドーボックスなんて、
とっても幸せなシャドーボックスですね。そう思うととても光栄です。
英語の“ピオニー”は可愛らしい響きですね。
フランス語は、ちょっと大人な感じがします。
勝手なイメージですが・・・。(笑)

> 品があって優しくてこんな女性に私はなりたい。
憧れます!!

Re: 感動~

>SAKURAさん
ありがとうございます。
そんな~。嬉しいです。
幸せな気持ちになるのは、色かな、形かな?
きっと手作りの温もりかな?
手作りのものに入っている温度なのかもしれませんね。
だから手作りのものって、幸せを感じるのかなあと思います。なんて・・・(*^_^*)

私もお会いするの楽しみにしています~~ヾ(^ロ^)/゛