INDEX    RSS    ADMIN

リンゴの花の妖精のうた

卓球の愛ちゃんの“感無量の涙”にはぐっときました。

オリンピックやらなんやらで、中断してしまっていますが・・・。

絵本『花の妖精たち』から、サマ―ワークショップにちなんで、
妖精のうたをご紹介しています。

『-アルファベット-』より。
姉妹でしょうか?
抱っこする、される姿が、何とも可愛くて、
我が娘とかぶるお母様もいらっしゃるのでは?
フェアリーシリーズは、いろんな妖精が出てきます。
絵を見て、自分の中で、勝手にストーリーを描いたり、
誰かに似ている!と、ダブらせてみたり、
そんな思い入れができたりして、プリントを選ぶ方も多いのではないでしょうか。

300DSCF8784_20120731154847.jpg

『リンゴの花の妖精のうた』

木の上に花の赤ちゃんたちがいるわ
  みんなピンクと白よ
霧や虫からまもるために
  きっとそばに妖精たちがいるにちがいないわ
そして ある風の吹く日 花びらにのって
  旅立つ日まで お世話するのね

アップルブロッサムちゃん
  あなたたちは飛んでいってしまうでしょう!
けれど しんぼうづよく待っていれば
  ある日 わたしたち あなたが飛び立った場所に
それは大きなつやつやなリンゴが熟しているのを
  みつけることでしょう
それこそ花の赤ちゃんたちから
  人間への素晴らしい贈りものなの!

(メアリー・シシリー・バーカー/作 白石かずこ/訳)



リンゴの花って見たことありますか?
ピンクと白の花、見にいきたいです。
赤ちゃんの妖精に遭えるかも・・・。


あと1話、続きます。
関連記事

コメント

非公開コメント