INDEX    RSS    ADMIN

atelier azur作品展*ちょっとご紹介①

作品展が終わり、あらあら。
日にちが経ってしまいました。(^_^;)

本当は、終わったら続けて、blogにしたいと思っていたんですよ・・・。

でも、休む間もなくいろいろあって・・・。
ちょいと遅くなってしまいました。


小声で、言い訳をしてみました(^人^)

まだご紹介していない作品を中心に、
ちょっとだけ、振り返りながら、
綴ってみたいと思います。

お付き合いくださいませ。m(_ _)m

では!

エリスマン邸、地下ホールの“ラウンジ”と呼ばれるR型の空間。
最初にお客様をお迎えする空間です。
400 1
参加者のご紹介を兼ね、お客様をお迎えしました。

教室でも人気のフラワーフェアリーを集めたコーナーです。
400 2

『フクシアの妖精』『ポピーの妖精』Oさん作品。
ピンクからパープルのイメージでプリントを統一choice。
華やかだけど大人っぽいシックな落ち着きがありました。
ドレスのドレープが綺麗でしたね。
350 j

こちらは秋から冬の茶系のイメージで。
ゴールド系の色を抑えた額装が引き立ちますね。
『ヘーゼルナッツの妖精』『マロニエの妖精』Kさん作品。
大きな葉も表情豊かに。かわいい妖精さんの手やお尻に注目!
350 ih

ちょっと魅惑の笑みを浮かべる大人の可愛さ、
『スローベリーの妖精』Tさん作品。
マットも紫のグラデーションにしました。
葉っぱの表現を練習しながら頑張ってくださった作品です。
300 h

『柳の妖精』『ハリエニシダの妖精』『チューリップの妖精』3窓の作品、
額装が目を引いたYさんの作品です。
それぞれの妖精さんも丁寧に作り込んであります。
350 d
3窓を中央に寄せ、余白を楽しんでみました。
色系の異なる妖精さんたちだったので、
自然色の麻布のマットにポピーを配置し全体をまとめました。
途中、トラブルもありましたが、頑張ってよかったですね~!
とても素敵とお声をたくさんかけていただきました。

350 qa
前列は夏の1dayレッスンで、
恋するリバティ布とコラボで作った小作品。
Oさん、Tさん、Yさんもご参加くださった時のもの。
小作品ですが、カワイイでしょう? ❤
題して『~フラワーフェアリー*リバティの花園~』。(*^_^*)
シャドーボックスをご存知ない方から、
「どのくらいでできますか?」との問いに、
こちらをご案内して説明するのにちょうどよかったです。


 つづく・・・☆



関連記事

コメント

非公開コメント