INDEX    RSS    ADMIN

『Twilight in Central Park』 第6回シャドーボックス展 ③

六本木、国立新美術館。
第6回シャドーボックス展の会場は、
毎日、大勢のお客様で盛り上がっています。

多くのお客様に観ていただき、
どれだけ観ても飽き足らないたくさんの刺激的な作品に囲まれて、
このような素晴らしい会場で、お披露目できる喜びで
嬉しい毎日です。

私は、ニューヨークのセントラルパークの夕暮れの
冬景色の作品で参加しました。
1112.jpg

夕暮れの空と街の灯りと、
ツンと凍えそうで透明なセントラルパークの冬景色に、
心を奪われ、作り始めたこの作品。

NYビル群の重なりや、灯りのあるない窓も一つ一つ丁寧に作りこみました。
木々の枝もリアルに表現したくて、ちょっと頑張って作りこんでしまった結果、
窓やビルは一見、隠れてしまいました。

細かく頑張りすぎも、やりすぎは禁物。
後で枝を剪定しました。💦
時にはやりすぎない。引き算も大切。

正面からの写真でわからない立体感を、
会場でシャドー作品をのぞき込んで観てくださったら嬉しいな💛と思っています。
公園を映し出す池のお水は、
ピッカピカの鏡面仕上げにしています。

作品の前で、立ち止まって覗きこんでくださるのをみると嬉しくなります。
01915.jpg

『Twilight in Central Park』
IMG_E3205.jpg
マットにはメタルエンボッシングの装飾を施しました。

シャドーボックスが主役なので、目立ちすぎないよう心して、額装に加えました。
メタルをコラボできてとても嬉しいです。
絵に似合う、シックな模様で引き立てられたら、と思うのですが、いかがでしょうか。

10日間の会期も、いよいよ明日が最終日です。

どうぞ、最後までお楽しみいただけたら嬉しいです。

寒い毎日ですが、お気をつけてお出かけくださいませ。

関連記事

コメント

非公開コメント